最近のトレンド仮想通貨とは?わかりやすく解説します!

最近のトレンド仮想通貨とは?わかりやすく解説します! 初心者編

最近CMやニュースにも取り上げられている「仮想通貨」ですが、ぶっちゃけ何かいまいちわかっていないという人も多いと思います。

 

今回の記事では

・仮想通貨が何なのか?

・仮想通貨のどこがすごいのか?

ということについて解説していきます。

 

この記事で最近話題の仮想通貨について知って、話についていけるようになりましょう!

そもそも仮想通貨とはなんだろう?

円やドルなどの普通のお金との違いは?

仮想通貨は一言でいうと「インターネット上で流通しているお金」です。

仮想通貨は一言でいうと「インターネット上で流通しているお金です。

 

日本では円が使われています。アメリカではドルが使われています。これと同じように、ネット上ではビットコインをはじめとした仮想通貨が使われるようになっていくというようにとらえてもらえば大丈夫です。

 

目で見える硬貨や紙幣と違って、ネット上の預金残高のようなもので存在しています。仮想通貨は1つだけでなく、いくつも種類があります。有名なものがビットコインですね。

 

では、これら仮想通貨はどこの国の通貨なのでしょう?実は仮想通貨はどこかの国が発行したものではなくて、世界共通の通貨です。世界中で使うことができる大変便利なものという事ですね。

仮想通貨を日本円と両替するためには「取引所」という両替サイトのようなページで行います。銀行の種類がいくつかあるように取引所にも複数の種類があります。

 

まとめると、仮想通貨とは
取引所で両替できるインターネット上の通貨で、世界共通のお金
であるということですね。

電子マネーとの違いは?

インターネット上の通貨と聞くと、「じゃあ、電子マネーと同じ?」と思う方もいるかもしれません。確かにICOCAやSuicaをはじめとする電子マネーも形のないデータ上のお金です。

仮想通貨と電子マネーはもちろん共通点もありますが、全く別物です。

下の表で仮想通貨と電子マネーの違いを書いてみました。

仮想通貨と電子マネーの違い

それぞれ簡単に解説していきます。

運営や発行元の違い
仮想通貨では、インターネット上でプログラマが設計した通りに動くので、基本的にだれかが運営をしなくても自動的に取引をすることができます。一方で電子マネーの場合は、その電子マネーを発行している会社が発行、運営しています。

購入方法の違い
仮想通貨では、ネット上の取引所でアカウントを作成し、そこで現金やクレジットカードあるいはコンビニ払いで購入することができます。一方の電子マネーでは店舗や専用の機械を利用してチャージすることができます。

使用方法の違い
取引所やネット上の財布に預けている仮想通貨を他の人の取引所や財布に送金や逆に受け取ることで使用できます。一方の電子マネーでは、電子マネーが使用できる店舗に行き、そこのスキャナーにカードをかざすことで使用できます。

使用地域の違い
仮想通貨は、世界中のどこからでも使用可能です。一方電子マネーはその電子マネーが提携している店に限られます。

通貨価値の違い
仮想通貨は日々その取引量などによって価格が変動します。その為、昨日は100円だった仮想通貨が、次の日には150円になるなんてことがよくあります。一方電子マネーでは価格が変動せず、常に同じ価値です。今日100円分の電子マネーは明日も100円分です。

このように仮想通貨と電子マネーには、はっきりと差があり、全く別物と言えます。

仮想通貨のすごいポイントをわかりやすくまとめてみた

ここまで読んできて、円やドルのような普通のお金、そして電子マネーとの違いが分かったと思います。では次は仮想通貨の何がすごいのかを知っていきましょう!

仮想通貨のココがすごい① 送金が簡単で安い

仮想通貨を使うと送金にかかる時間が圧倒的に短くなります。特に海外に送るときは比べ物にならないくらい早く送ることができるようになります。

 

仮想通貨のココがすごい① 送金が簡単で安い

 

今までなら日本からアメリカにお金を送るとわざわざ銀行などで円からドルに直して送金するというように送っていました。手間がかかるので、その分時間もかかるし、手数料もかかる状況です。

 

これが、仮想通貨だと全世界共通なのでいちいち円からドルに直したりすることもなくすぐに送金できます。また、銀行などを間に挟まないで送金することになるので今までよりも手数料が安くなります。

仮想通貨のココがすごい② 世界中どこでも使える

仮想通貨のココがすごい② 世界中どこでも使える

海外旅行に行ったことのある人ならわかると思いますが、海外では円が使えないため現地のお金に両替して使わないといけません。海外の会社と取引をするときもわざわざドルに直して取引をしています。いくら日本円を持っていても海外では使うことができません。

 

ですが、この仮想通貨は全世界共通なので海外でも両替なしで使うことができます。

 

今後仮想通貨が使える場所が広がっていけば、海外旅行先でレストランにいっても、おみやげ物を買っても仮想通貨を持っていればそのまま仮想通貨で支払うことができるのです。

仮想通貨のココがすごい③ セキュリティがしっかりしている

仮想通貨が安全なのか心配になる人もいると思います。目で見える形で存在しているお金のほうが安心できるというイメージがあるかもしれません。

 

ですが、それほど心配する必要はありません。

仮想通貨の仕組みは非常にうまくできていて、ハッキングなどで情報を書き換えたりすることができないようにできています。(ブロックチェーンという名前の仕組みです)

仮想通貨のココがすごい③ セキュリティがしっかりしている

ただし、仮想通貨の中には危ないモノもあります。これはインターネットでサイトからウイルスに感染したりする恐れがある、メールで迷惑メールが送られてくることもあるというものと似ています。

 

正しい知識があれば安全に、便利に使うことができるのでしっかりと最低限の知識を身に着けてから使うようにしていきましょう。

 

仮想通貨のココがすごい④ 儲けることができる

仮想通貨のココがすごい④ 儲けることができる

仮想通貨は日々価格が変動しています。仮想通貨の値段が安い時に購入して、仮想通貨の値段の高い時に売ればその分だけ儲けることができます。

 

例えば、ビットコインを100万円で買ったとします。その時からビットコインの価格が2倍になったときに売ると200万円になります。このようにしてお金を増やすことができるんですね。

 

仮想通貨の特徴は非常に値動きが激しいことです。1年で価格が100倍になるというようなこともおこっています。また、多くの通貨が継続して価格が上がり続けています。そのため投資先としても非常に人気が高いのです。

どのようにしたら仮想通貨で大きな利益を上げることができるのかについてはこちらの記事で詳しく解説しています。この記事を読んで儲け方を知りたい人は見てみてください!

ビットコインは儲かる?今からでもまだ間に合うと判明!

2018.02.14

もちろん投資なので価格が下がることもあり得ます、投資するときは自己責任で行うようにしましょう。

 

仮想通貨は取引所で購入できる

これまで仮想通貨とはどんなものかを、わかりやすく丁寧に説明してきました。ここまで読んでくださり、仮想通貨により深く興味を持って、ぜひ仮想通貨を手に入れたいと思っている方も多いことでしょう。

そんなあなたに簡単に仮想通貨の手に入れ方を紹介すると、仮想通貨は「取引所」というところで購入することになります。

有名なところでいうと、Coincheck(コインチェック)、bitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)、bitbank(ビットバンク)などですね。

仮想通貨の購入方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ一度目を通してみましょう。

初心者でも簡単!仮想通貨の買い方をわかりやすく解説します

2018.03.09

まとめ

もう一度要点だけまとめてみると次のようになります。

・仮想通貨とはインターネット上で流通しているお金のこと
・簡単に送金できる
・全世界共通で使うことができる
・セキュリティがしっかりしている
・お金を儲けることができる

これでおおまかにですが、仮想通貨がどのようなものかわかったと思います。
実際に取引所で仮想通貨を手に入れてみるとより理解が深まりますよ。

さらに本格的に仮想通貨取引を勉強してみたいという方は、下のボタンを押して無料メールセミナーで一緒に勉強してい行きましょう。