世界最大の取引所Binance(バイナンス)の登録方法を紹介

世界最大の仮想通貨取引所「Binance」に最短2ステップで登録する方法 取引所登録方法

この記事では、2017年の終わりに「世界最大にして、使いやすさNo.1の仮想通貨取引所」になったBinanceの登録方法を説明します。

仮想通貨で億をかせぐ”億り人”になるためには必ず登録してほしい取引所です

「Binance(バイナンス)」のわかりやすい登録の流れ

では早速、仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)の登録方法を確認していきましょう。

Binanceのサイトでメールアドレスを登録する

日本国内の仮想通貨取引所と同様、Binanceもはじめにメールアドレスを登録します。

まず、こちらのボタンからBinanceに飛んでください。

このページに飛ぶと、下のような画面が出ますので、画像のピンクの丸で囲った「アカウントを作成します」をクリックしてください。(スマホだと、右上の「Register」をクリック。)

「アカウントを作成する」をクリックする。

そうすると、下のような画面になります。この画像にそって、メールアドレスと希望のパスワードを入れて登録してください!(日本語対応なのでわかりやすい。)

メールアドレスをパスワードを入力する。

登録を押すと、パズルゲームみたいなのが出てくるので、ピースを合わせてください。

パズルゲームをクリアしましょう。

あとは確認メールが来るので、メール内のリンクを押して登録完了です。

ここまでで「本人確認なし」の状態ですが、1日あたり2BTCまで出金でできます。初心者はここまででも大丈夫でしょう。

ただ、私のおすすめは「本人確認」までしておくことなので、次に本人確認の方法をざっくり書いておきます。

本人確認をしよう。

本人確認をする

突然のアカウント凍結などを防ぐために、本人確認はしっかりしておきましょう。

まず、2つ用意するものがあります。

 

一つは、「身分証」です。

パスポートが一番おすすめで、次に免許証です。どちらか一つ用意してください。(どうしてもない場合は健康保険証)

 

パスポートを提出する。免許証を提供する。

 

もう一つは、「メモ用紙とペン」です。

買わなくていいので、家にあるので構いません。レシートの裏でも大丈夫です。

メモ用紙とペンを用意しましょう。

 

身分証とメモ用紙・ペンが用意できたら、写真を3枚とります。

【パスポートの方】

1枚目・・・パスポートの表紙

2枚目・・・パスポートの顔の写っているページ

3枚目・・・メモ用紙に日付と「Binance」と書いて、実際に手に持って顔も映るように撮る

 

【免許証の方】

1枚目・・・免許証のおもて面

2枚目・・・免許証のうら面

3枚目・・・メモ用紙に日付と「Binance」と書いて、実際に手に持って顔も映るように撮る

 

次に、撮った写真をアップロードします。マイページの「身分確証」というところをクリックしてください。

身分確認を完了する。

 

次のようなページに変わるかと思いますので、画像を参考に記入して行ってください。名前や国籍を入力する。

このあと、先ほど撮った写真をアップロードする画面が出てきますので、アップロードしてください。これで、申請すればOKです。

審査が通れば、1日100BTCまでの引き出しが可能になります。なお、日本の取引所のようにハガキが家に届くなどはありませんし、すぐにトレードできます。

「2段階認証」でセキュリティを強化

さて、取引所に登録するときは、安全のため「2段階認証」をすることを勧めています。Binanceでも2段階認証が可能で、他と同じく「Google authenticator(Google認証)」というアプリを使います。

マイページの右下に、Google検証という欄があるので、有効にします。

2段階認証をしましょう。

有効にする方法は、スマホやタブレットにインストールした「Google Authenticator」で表示されたQRコードをスキャンし、読み取った上で、表示された番号をこちらの画面の4番目のところに入力します。2段階認証を完了させましょう。

ログインするときに2段階認証が必要になりますが、セキュリティがよりしっかりして、あなたの資産を守ってくれることになります。

まとめ

これで、世界No.1の取引高を誇る仮想通貨取引所「Binance」の登録は完了です。すぐに、欲しいコインを買うことができ、利益をあげることができるでしょう。

円は入金できないので、日本の取引所でビットコインやイーサリアムを買ってBinanceのアドレに送りましょう。Binanceの多くのコインを買うことができます。

 

バイナンスについてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

世界最大の仮想通貨取引所Binanceの特徴、手数料、送金、買い方について

2018.01.19