仮想通貨の取引所・Zaif(ザイフ)の登録方法をわかりやすく解説!

仮想通貨,取引所,登録方法 取引所登録方法

仮想通貨を売買する時は、取引所に登録しなければなりません。

今回は国内の取引所「Zaif」の登録方法について話していきたいと思います。

「Zaif(ザイフ)」のわかりやすい登録の流れ

これから「Zaif(ザイフ)」に登録する人も多いと思うので、登録の流れを説明したい思います。

Zaifの登録方法はとてもシンプルです。

Zaifのサイトでメールアドレスの登録する。

まず上のボタンをクリックすると、下のような画面になります。赤い丸で囲んでいる部分にメールアドレスを入力しましょう。

ZaifのHPで、メールアドレスを入力する。

 

この赤丸の部分にメールアドレスを入力し、「無料登録へ」をクリックします。

すると、登録したアドレスに以下のようなメールが届きます。

Zaifからのメールに載っているURLをクリックする。

 

赤丸をしているURLをクリックして、ユーザー登録画面に入ります。

 

ユーザー登録画面に入ると、赤線の部分をクリックし目を通してください。

利用規約、重要事項説明を読む。

それらの確認を終えたら、それぞれのチェックボックスをクリックしてください。

続けて、パスワードを入力します。

パスワードを入力する。

パスワードは強固なものにしてください。

不正アクセスされ、自分の資産を悪用されるのを防ぐためです。

 

パスワードはしっかりとメモをしましょう。パスワードを紛失すると、二度とログインできなくなってしまう可能性があります。

パスワードの入力が完了するとアカウント登録は完了になります。

基本情報を記入する

次は個人情報を入力します。

登録後、ログインすると下の画面に移りますので、右上の赤線の「アカウント」をクリックしてください。

 

「アカウント」を選択して個人情報を入力しましょう。

アカウントをクリックすると、基本情報入力をクリックしてください。

すると、以下の画面になるので、誤字・脱字をせずにすべて入力してください。

個人情報を入力しましょう。

 

すべて入力したら、「変更」をクリックしてください。これで基本情報は完了です。

電話番号認証をする

次に携帯電話のSMS 機能を使って、電話番号認証設定をします。

電話番号を認証する。

 

  1. 本人確認をクリックします。
  2. 電話番号認証設定をクリックします。
  3. 携帯電話番号を入力します。
  4. 入力すると、認証コード入力画面に移動します。
  5. 携帯電話に届いた6桁の数字を画面に入力します。
  6. 送信をクリックします。

これで電話番号認証は完了です。

本人確認画像を提出する

最後に本人確認書類を提出して、基本情報の登録は完了です。

 

本人確認書類は基本的に顔写真付きの証明書として、以下のいずれか一つが必要になります。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

 

それの写真をアップロードすれば、本人確認書類の提出は完了になります。

数日後、Zaifから『本人確認書類審査完了』のメールが届きます。

本人確認コード付きのハガキが届く。

 

その後Zaifからハガキが届くので、ハガキに記載された本人確認コードを入力して完了になります。

「二段階認証」でセキュリティを強化

Zaifに登録したら、二段階認証は絶対に行うことをお勧めします。

二段階認証は、ログイン時や出金時にパスワードでの認証だけでなくハッキングを防止するシステムです。

これから、様々な時に使用するので、ぜひダウンロードしてください。

 

「セキュリティ」から「2段階認証設定」を選択する。

 

方法は以下の通りです。

  1. セキュリティをクリックし、すぐ下の二段階認証設定をクリックします。
  2. 二段階認証をダウンロードするように指示されますのでダウンロードしてください。
  3. ダウンロードが終えましたら、QRコードをスキャンしてください。
  4. アプリに表示された6ケタの番号を入力してください。
  5. 確認をクリックします。

これで二段階認証の登録は完了です。

Zaifについて詳しく知りたい

以下の記事では、Zaifという取引所自体の特徴から、手数料、実際の仮想通貨の買い方まですべてを記載しています。こちらの記事と合わせて必ず読んでみてください。

仮想通貨取引所Zaifの登録方法、特徴、買い方、手数料一覧

2018.01.14

まとめ

Zaifの登録はたった5ステップで完了します。また難しい操作はありませんでした。。この記事を見ながら、Zaifの登録を済ませて仮想通貨を始めましょう。