仮想通貨、ビットコインなどのチャートの見方一覧

仮想通貨、ビットコインなどのチャートの見方一覧 仮想通貨

こんにちは、森下です。

今回の記事はビットコインなどの仮想通貨、その他投資で必ず目にするチャートの見方を最低限理解してもらえるような内容を書いていきます。

投資初心者にとって、チャートを見ることは難しく感じるかもしれません。

しかし、チャートの味方の知識さえあれば、仮想通貨で利益を得るのは簡単です。

安い時に買い、高くなったら売ることで利益を出すことができます。以下でチャートの見方を紹介していきます。

ビットコインのチャートを見方を学んだ方がいい理由

そもそもビットコインやその他の投資の際によく見るチャートは「その通貨ペアの値段の動きをグラフ化したもの」です。

ビットコインやその他の投資の際によく見るチャートとは値段の動きをグラフ化したもの

引用:coincheckより

上の画像を見るとわかるように、チャートの1番右が今の価格を示しています。

チャートの見方を理解できれば、今後の値段を予測することが可能です。「今後あがりそうだな」というときにビットコインを買っておけば、利益を得ることができます

ビットコインのチャートを読むことができると、他の仮想通貨も含め、様々な種類のチャートも同時に読めます。今後の値段を予想できれば、ビットコインやその他の投資も含めて、投資で利益を上げることは難しくありません。

もちろん、100%値動きを予想できるわけではありません。しかし、チャートの見方を知ると仮想通貨取引やFX、株など投資全般で勝てるようになるので、まずは最低限の知識をこの記事で入手しましょう。

基本的に、ビットコインなどの仮想通貨を買うタイミングと売るタイミングは、以下の1つのみです。

「上がっている時に買って、下がりだしたら売る」

 

まずは、間違ったビットコインの買い方を紹介します。高く買って安く売るとどんどん損失が出てしまいます。以下の画像がわかりやすい例です。ビットコインやその他の投資の際によく見るチャートの見方で間違った例

続いては正しい例の紹介です。安く買って高く売ることを繰り返していきます。以下の画像が利益が出る正しい例になります。

ビットコインやその他の投資の際によく見るチャートの見方の正しい例

少し価格が下がったことで、落胆して仮想通貨を手放すのはやめましょう。何回トレードしても負けてしまいます。(狼狽売りといいます。)

「仮想通貨で稼いでいる人がいる」ということは、「仮想通貨で負けている人もいる」ということです。実際に仮想通貨で稼いでいる人たちは、負けている人たちのことを「養分」と呼んでいます。

「養分」にならないためにも、狼狽売りをするのはやめましょう。

 

仮想通貨の値段は日々かなり変動していて、「今日10万円以上増えるなら前日にビットコインを買えばよかった」という日はよくあります。

必要な時に購入し、売れる時に売るということをスムーズに繰り返すことができれば、着々と利益をあげ、仮想通貨で本業の収入を軽く越えてきます。

ビットコインだけではなく、全ての仮想通貨においてチャートは存在します。

 

仮想通貨投資の世界で誰もが最初に悩むのが、「チャートの見方がわからない」ということですが、クリアできれば利益が出るまでもうすぐです。チャートを見方を知ることで、以下のようなメリットがあります。

・負ける確率や金額が大幅に小さくなる。

・買うタイミングがわかるようになる。

・タイミングよく売ることで大きな利益が入るようになる。

・勝てるタイミングがわかるので、少額の資金でも利益をしっかりと出せる。

・適当に買うことがなくなり、しっかりと理論的に投資をすることができる。

ぜひ今回、チャートの基本的な見方をマスターしてしまいましょう。

仮想通貨、ビットコインのチャートの見方

今回の記事では、仮想通貨、ビットコインのチャートに関する移動平均線ローソク足の見方について解説していきます。この2つは基本事項なので、最低限この2つは抑えましょう。

移動平均線の見方について

移動平均線とは、過去の指定期間の終値の平均値を線で引いたものです。(終値については下記に記載しています)

ビットコインやその他の投資の際によく見るチャートの中の移動平均線に注目しよう。

http://www.bainari.info/win.htmlより引用

上図の例で言えば、緑のラインが短期の移動平均、青のラインが長期の移動平均線です。

基本的に、移動平均線で気をつけるべきポイントはたった2つで、「ゴールデンクロス」「デッドクロス」です。

ゴールデンクロスとデッドクロスについては、以下の記事を参考にしてください。

ゴールデンクロスやデッドクロスとは、だましの見分け方も解説

2018.08.10

ローソク足の見方について

ローソク足には、陽線と陰線と呼ばれる2つがあり、上がると陽線、下がると陰線というように覚えましょう。陽線と陰線の画像を以下に示しました。陽線と陰線では、始値と終値が逆転しているのですね。

ビットコインやその他の投資の際によく見るチャートの中のローソク足の見方

http://ilovefx.info/archives/303/より引用

始値:ある期間において最初に取引された値段(価格)のこと。

終値:ある期間において最後に取引された値段(価格)のこと。

安値:ある期間において取引された中で、最も安い値段(価格)のこと。

高値:ある期間において取引された中で、最も高い値段(価格)のこと。

 

また、ローソク足からはほとんどの場合で、上と下から線が飛び出ています。このことをヒゲと呼び、上に出ているのは上ヒゲ、下に出ているのは下ヒゲと言います。

また、始値、終値、高値、安値、上ヒゲ、下ヒゲの全てと、チャートの相関関係は以下の画像のようになります。

ビットコインやその他の投資の際によく見るチャートの見方に関する陽線の関係 ビットコインやその他の投資の際によく見るチャート見方に関する陰線の関係

ローソク足を瞬時に判断できるようになると、仮想通貨などのトレードで利益を得ることが簡単になります。ですが、ローソク足の中でも、特に注意すべきことがいくつかあります。

1つめは、以下のパターンです。上ヒゲが非常に長いパターンですね。

ビットコインやその他の投資の際によく見るチャートで上ヒゲが長い陽線に注意

上ヒゲが長いということは「値段が上がった分が大きく落ちてしまっている」ということを示します。

つまり、値段が下がる力がかなり強いという感じです

この場合、チャートは値段が下がる方向に動く可能性がかなり高いです。

 

また、2つめのパターンは下のような図です。下ヒゲが非常に長いパターンですね。

ビットコインやその他の投資の際によく見るチャートで下ヒゲが長い陰線に注意

先ほどとは逆で、値段が下がった分が大きく上がっている状態です。

この場合、チャートは値段が上がる方向に動く可能性がかなり高いです。

 

まとめると、長いヒゲの反対側に相場が移動しやすいということです。ローソク足を理解しているかしていないかで、チャートの見方は一気に変わるので、ぜひ抑えておいてください。

まとめ

今回はビットコインやその他の投資の際によく見るチャートとはどんなものなのか、またチャートの見方の最低限の知識をお伝えしました。

チャートの見方への理解が深めて、今後トレードで利益を得ましょう。是非今回の記事で学んだことを今後の投資に役立ててください。

また、私森下が無料サロンで、チャートの見方やテクニカル分析の方法を公開しています。気になる方は是非、以下の記事をご覧ください。

THE TRADEを運営する森下のプロフィール