仮想通貨取引所のスプレッドを徹底比較!

仮想通貨,スプレッド,比較 取引所

仮想通貨を取引する上で、取引手数料とは別に「隠れた手数料」がかかっているのはご存知でしょうか?

その隠れた手数料の正体であるスプレッドを、各取引所ごとに比較していきましょう。

スプレッドとは

スプレッドとは、ざっくりと言えば

手数料です。

当然、手数料は安い方がいいですよね!

スプレッドは広い、狭いという言い方をしますが、狭い方がお得だということを覚えておいてください。

スプレッドは売値と買値の差額のことです。
ちなみに、買った直後に売ると、スプレッド分だけ損します。

先ほども書いた通り、スプレッドが広いければ広いほど損をしますし、狭ければ狭いほど得をします

詳しくは下に書いておきますが、スプレッドは狭いほど得をするということだけ覚えておいてもらったら大丈夫です!

ちなみにスプレッドの幅が広がると、損する金額が大きくなります。

スプレッドって何のためにあるの?

私たちにとって嬉しくないスプレッドですが、なぜ存在しているのでしょうか。できればスプレッドは0になってほしいですよね。

しかし、それは実現しません。

というのは、FX業者や仮想通貨業者は、このスプレッドで利益を得ているからです。

(スプレッドが0になるときがあれば、それは口座開設に費用がかかるか、取引ごとに手数料が別途発生することになります。)

仮想通貨取引所/販売所のスプレッド

では、そろそろ本題に入っていきましょう。

各取引所/販売所のスプレッドを比較してみることにします。

取引所と販売所の違い

取引所は、ビットコインを売りたい人と買いたい人がそれぞれ注文を出し、その価格が一致した時に注文が成立します。

 

ビットコインを売る人と買う人の間に仲介役がいないため、余分な手数料がかからないというメリットがありますが、取引相手がわからない、売りたい人がいないと買えないというデメリットもあります。

 

販売所はお店と同じようなイメージです。

提示された値段でビットコインをお店(この場合は販売所を運営する企業)から直接買うということです。

 

相手が誰かわかるので安心感がありますし、売ってくれる人がいなくて買えないということもありません。ただ、企業が販売しており、手数料を上乗せされる場合がほとんどなので、取引所から直接購入するよりも値段が上がってしまうことが多いです。

取引所と販売所の違いは?
取引所・・・仲介者が存在しないので、手数料が安いが、相手がいないと取引できない

販売所・・・企業が仲介するため手数料が高いが、いつでも取引はできる。

取引所・販売所に関しては以下の記事でより詳しく解説していますので、合わせて読んでみてくだい。

仮想通貨の取引所と販売所の違いとは?初心者へのメリットも解説

「販売所」のスプレッドは注意

ある時刻におけるビットコイン販売所の売値と買値をみてみましょう。

売値:163万2285円

買値:167万3890円

 

ちなみに、同時刻におけるビットコイン取引所の売値と買値をみてみましょう。

売値:165万4572円

買値:165万5693円

 

販売所ではスプレッドが約4万円に対し、取引所ではスプレッドが1000円程度しかありません。

 

もちろん買いたい時に買えなかったり、売りたい時に売れなかったりするのは問題なので、販売所も知っておいた方がいいですが、基本的には取引所だけ使えば大丈夫です。

 

またスプレッドは固定ではなく、広がってしまう場合もあります。

各取引所(販売所)のスプレッドを比較

アルトコインは販売所形式で「販売」されているので、高めのスプレッドになることが多いです。販売所ごとのスプレッドをまとめてみました。※1

 

取引所(販売所)名 スプレッド
コインチェック  5%前後
bitFlyer  10%前後
Zaif(※2)  3%前後
GMOコイン  5%前後

※1.スプレッドの価格は随時広がったり狭まったりします。

※2.Zaifは販売所のことを「簡単売買」と読んでいます。簡単売買できるのはビットコインとモナコインだけなので、モナコインでのスプレッドを書きました。

まとめ

いかがでしたか?今回は各取引所のスプレッドについて解説しました。

スプレッドに関しては、そのときの値動きでも変わってきますし、その時点でより安い販売所を使うのがいいでしょう。そのためには、取引所を複数開設し、どこでも取引できるようにしておくといいかもしれません。

仮想通貨取引所の登録方法に関するまとめ記事はこちら

初心者におすすめの仮想通貨取引所と登録方法まとめ

仮想通貨取引所に関するまとめ記事はこちら

【初心者必見】仮想通貨取引所が100%わかるバイブル