【3分で読める】仮想通貨取引所の登録方法を徹底比較

仮想通貨,取引所,登録 取引所登録方法

仮想通貨トレードを始めたい!そう思っても、どこでコインを買うの?どうやって買うの?と。ハードルが高すぎて辞める人は多いです。ですが、そこでめんどくさがっては仮想通貨で利益を出すことはできません。

まずやることは「取引所の登録」です。この記事では、細かいことはあまり書かず、シンプルに3分で理解できるように、取引所の登録について大事なところのみを取り上げました。

日本の三大取引所

仮想通貨を取引する上で取引所は必須ですが、たくさんありすぎてどれを使えばいいのかわからないかもしれません。

そこで日本で人気の三大取引所を紹介します。

日本最大級の三大取引所

・コインチェック
・bitFlyer
・Zaif

coincheckの特徴と登録方法

仮想通貨,取引所,登録

 

【coincheckの特徴】

・アルトコイン(ビットコイン以外のコイン)の品揃えが国内トップクラス

・チャート(値動きの様子)が見やすく、初心者向け

・ビットコイン以外のコインの手数料がやや高い

・セキュリティが硬く、安心して使える

 

まずはコインチェック(coincheck)から。

もちろん、有名なのは理由があります。コインチェックはなんといっても取り扱いコインが豊富で、2017年12月現在、13銘柄を取引することが可能です。

もちろん、bitFlyerやZaifでは取り扱われないアルトコインが複数あるので、投資の幅も広がりますし、これからも複数のアルトコインが上場されると思われます。

登録に必要なもの

✔︎ 登録に使うためのメールアドレス、パスワード

✔︎ 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバー個人番号カード等のうちからひとつ)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

詳しい登録方法は以下の記事を参考にしてください。

仮想通貨取引所のcoincheckの登録方法は?

 BitFlyerの特徴と登録方法

仮想通貨,取引所,登録

 

【bitFlyerの特徴】

・国内取引高1位

・FX (BitFlyer Lightning)に強みを持つ

・日本人に超人気な「モナコイン」を取り扱っている

・ビットコイン以外のコインの手数料がやや高い

・セキュリティが硬く、安心して使える

 

続いて紹介するのは、国内取引高トップを誇る
ビットフライヤー(bitFlyer)です。

bitFlyerは国に認められた安心した。

bitFlyerの特徴としては、なんといってもビットコインでFXができることです。

FXに興味があるのであれば、とりあえず開設しておくといいでしょう。

世界的にみても、bitFlyerのBTC取引のシェアはかなり高く、40%以上がbitFlyerでのBTCFXだったりします。

登録に必要なもの

✔︎ 登録に使うためのメールアドレス、パスワード

✔︎ スマホ(電話番号認証のため)

✔︎ 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバー個人番号カード等のうちからひとつ)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

詳しい登録方法は以下の記事を参考にしてください。

仮想通貨取引所のbitflyerの登録の仕方は?

Zaifの特徴と登録方法

 

仮想通貨,取引所,登録

 

【Zaifの特徴】

・coincheckやbitFlyerに比べて、手数料がかなり安い

・Zaifトークンが用意されている

最後に紹介するのは、coincheckやbitFlyerと比べるとやや馴染みの薄いZaif(ザイフ)。ZaifもbitFlyerと同様、金融庁に仮想通貨交換業者に正式登録されています。

ただ、馴染みが薄くても紹介をするのには、もちろん理由があります。coincheckやbitFlyerと違って、Zaifではアルトコインを安く買うことができます。

また、Zaifには独自のトークン(Zaifトークン)というものがあります。

Zaifトークンは、Zaif独自のトークン(お金)で、取引所Zaifでの取引量が増えれば値段が上がるという風に思ってもらったら大丈夫です。

こちらも2018年以降盛り上がりを見せそうなので要チェックです。

登録に必要なもの

✔︎ 登録に使うためのメールアドレス、パスワード

✔︎ スマホ(電話番号認証のため)

✔︎ 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバー個人番号カード等のうちからひとつ)

詳しい登録方法は以下の記事を参考にしてください。

仮想通貨の取引所・Zaif(ザイフ)の登録方法をわかりやすく解説!

仮想通貨交換業者として金融庁が登録した取引所一覧

金融庁が仮想通貨交換業者として登録した取引所を一覧にしてまとめてみました。

初心者の方は理解できなくて大丈夫なので、読み飛ばしてください!

会社名 登録日
マネーパートナーズ 2017年9月29日
QUOINE 2017年9月29日
bitFlyer 2017年9月29日
ビットバンク 2017年9月29日
SBIバーチャルカレンシーズ 2017年9月29日
GMOコイン 2017年9月29日
ビットトレード 2017年9月29日
BTCボックス 2017年9月29日
ビットポイントジャパン  2017年9月29日
フィスコ仮想通貨取引所  2017年9月29日
テックビューロ  2017年9月29日
東京ビットコイン取引所  2017年12月1日
ビットアルゴ取引所東京  2017年12月1日
エフ・ティ・ティ  2017年12月1日
Xtheta  2017年12月1日

 

金融庁に登録申請中の取引所一覧

2017年12月時点で、金融庁に仮想通貨交換業者に登録申請をしている企業の一覧をまとめておきます。

初心者の方は理解できなくて大丈夫なので、読み飛ばしてください!

会社名 申請日
みんなのビットコイン 2017年9月7日
コインチェック 2017年9月13日
BMEX 2017年9月22日
LastRoots 2017年9月26日
ミスターエクスチェンジ 2017年9月26日
CAMPFIRE 2017年9月26日
エターナルライブ 2017年9月30日
東京ゲートウェイ 2017年10月1日
ビットステーション  2017年10月2日
debit  2017年9月28日
Kraken  −
来夢  −
Wirex Japan  −
FSHO  2017年12月1日
SAMURAI BROTHERS  −
ネクストフロー  −

 

まとめ

いかがでしたか?

仮想通貨を始める上で必須ですが、わからないことが多いと不安になりますよね。

最初は誰しも不安だらけですが、この記事が少しでも参考になれば幸いです。今回紹介させていただいた3つの取引所は、すべて開設しておくべきと言っても過言ではないので、まだの方はぜひ登録してみてください!

 仮想通貨取引所に関するまとめ記事はこちら

【初心者必見】仮想通貨取引所が100%わかるバイブル